何気ない日常でうれしかったこと

ショッピング
年末年始にバーゲンに行きました。
日頃の私は楽しみが少ないので、この時期はウキウキです。
もちろんお洋服と靴とバッグを特別お安く購入出来たのでうれしかったのですが、そればかりではありませんでした。
購入した洋服の店員さんが親身になって話を聞いてくれたり、相談にのってくれたのです。

その人は決してしつこく売り付けたりする行為をする訳では無かったので、こちらから欲しいサイズを聞くために話かけたのです。
すると「かしこまりました」とすぐさま調べてくれました。
それが丁寧だったので好印象。
しかもその上「色の展開もございますがこのお色で大丈夫ですか?」との気遣いも。
バーゲンで売り場が乱れやすい中、私が手に取ったのは白いニット。
その商品が陳列されていた元の棚にあったかは疑問です。
確かに私も色のバージョンがあるなら見比べたいなと思っていたのですが、私の心をわかってくれていたかのようでした。

以前にもお客さんの気持ちをわかってくれる店員さんに出会ったことがあります。
ですからはじめての事ではありませんでしたが、なかなかいないのでうれしかったです。
またお世話になろうと思います。